新撰組peacemaker あらすじ:つべドラマ無料まとめ-youtube

新撰組peacemaker あらすじ:つべドラマ無料まとめ-youtube

ドラマDVD・芸能人チャリティーオークション

新撰組peacemaker あらすじ

幕末、元治元年4月の京都。洋学者の父と母を目の前で長州人に殺された市村鉄之助(須賀健太)は、敵討ちを心に誓い兄、辰之助(古川雄大)の後を追って新撰組への入隊を希望したが門前払いされてしまう。その矢先、たまたま火事の現場に通りかかり、女の子を救うために炎に飛び込んだ鉄之助は、その場で気絶。偶然、居合わせた沖田総司(柳下大)に助けられる。鉄之助が新撰組入隊を希望していると知った沖田は、鉄之助を道場に連れて行き自ら木刀で立ち合いを始めた。何度打ちのめされても挑み続ける鉄之助の姿を見て、局長の近藤勇(遠藤章造)は…。 32歳の早紀(菅野美穂)は大手法律事務所ビックファームで働きながら司法試験を目指すパラリーガルである。恋人の正登(塚本高史)は大学時代からの後輩で同じ事務所の弁護士。一緒に司法試験を目指す中、正登だけ受かってしまったのだ。ある日、早紀は高校時代の親友、璃子(永作博美)と再会。すでに結婚している彼女は早紀に結婚を勧めてくる。また、ひょんなことから知り合った警察キャリア官僚の光輝(谷原章介)は早紀を口説き落とそうと躍起になるが、全く見向きもしない早紀が気になって仕方がない。そんな中、新潟に残してきた母親が倒れたと聞いた早紀は…。




動画ドラマ新撰組peacemaker



検索
カスタム検索
動画を保存するなら...


逆アクセスランキング
アクセスランキング
投票をお願いします
月曜日
サブコンテンツ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。